都会から離れたところで暮らす

生活のスピードを見直す

草原の上の椅子

スローライフとは都会から田舎に移り住むことだけを指している言葉ではありません。その名の通り、日々の生活のスピードをゆっくり保つことを言います。もちろん、自然に囲まれた田舎では、都会のように電車や自動車も少なく、時間に囚われることのない生活が体験できるのは確かです。しかし、都会から田舎に移り住むことは大変ですので、日常生活の小さいことから始めましょう。

毎日、少ない時間でも考える時間を作る。

植物を抱える少女

スローライフには何もせずにただ考えるという単純な時間が重要です。画期的なアイディアのほとんどは、こういったなんでもない些細な時間に閃くものです。一日のうち短い時間でもいいので今日のできごとや明日の事など、仕事以外のことを想像し考えて見てください。

晴耕雨読の精神

植物に触れる手

晴耕雨読はスローライフそのものを現すのにふさわしい四文字熟語でしょう。晴れた日には畑を耕し、雨の日には読書に勤しむ。天候に左右されながらも一日一日を大切に生きてきた、昔の人の姿が見て取れるようなこの言葉が私は好きです。日々の仕事に追われるだけでなく、時に別のことにも気を配れる余裕こそがスローライフで得られる素晴らしさです。